| 規制緩和の流れ |   | 医療 |   | 雇用 |   | 個人事業|   | 公共事業

許認可権限による規制から規制緩和へ


現在の日本では、経済・社会のしくみがより活性化するように、「公正」や「自由」という視点から構造改革を迫られています。その大きな柱が規制緩和です。戦後の政策で官庁は、各種の許認可権限によって市場参入を制限する規制を設け、日本の経済成長を促しました。高度成長期まではこの手法は効果を上げましたが、1980

年代以降、「規制を緩和すべき」との声が高まりました。諸外国が、輸入を増やすために市場開放を要請し、財政赤字に歯止めをかけるために、行政のスリム化を進める方針から、規制を減らそうという動きが勢いづいたのです。1990年代、バブル崩壊で日本の景気が低迷し、経済のグローバル化に伴う大競争時代の到来もあり、

 経済的規制から社会的規制にも波及

政府は経済的規制の撤廃をすすめました。2000年代になると経済的規制だけでなく、安全・安心というデリケートな問題が絡む社会的規制にも改革が広がりました。技術進歩の結果、規制の意味が薄れたことも規制緩和を後押ししたといえます。2001年に発足した政府の総合規制改革会議は、2004年には「規制改革・民間開放

推進会議」などへと転換。業務主体を一部の非営利法人などに限定する「官製市場」の見当が始まりました。具体的には医療、教育、福祉、雇用、労働などに根を張る社会的規制の改革が中心です。後をついで2007年1月には、内閣総理大臣の諮問に応じ、民間有識者15名から構成される規制改革会議を内閣府に設置しま

した。同年5月に、再チャレンジや勧業改革などを柱とする第1次答申をまとめ、6月には閣議で、2009年までの3年間に取り組む規制改革推進3カ年計画を決定し、独立行政法人の緑資源機構の主要事業廃止を柱とする官業改革や、国際航空運賃の下限規制の撤廃・自由化の検討など合わせて15分野を明記しました。

 金融業界も規制から規制緩和へ

金融業界も規制から規制緩和でグループ化が進んでいます。アイフル クレジットカード


Copyright (C)  活性化のための規制緩和  . All Rights Reserved.